風俗の選び方で伝授します

もしもの話は風俗で

男は頭の中ではいろいろなことを考えると思うんですよ。何をしたいのかとか、女の子とどんなことをしたいのか。妄想は自由ですし、それらをおかずにする人もいると思うんですけど、それを現実的に楽しめるのが風俗ですよね。妄想を現実にって思ったら、女の子の存在が大切になるじゃないですか。むしろ女の子がいなかったらそれらは出来ないんです。でも、風俗以外でとなったら自分の力で女の子とそういったシチュエーションにならないといけないんです。出来る男もいるかもしれないですけど、少なくとも自分には無理なので、自分は風俗で楽しむようにしています(笑)「もしもこんなことが出来たなら」を現実で出来る。それが風俗の魅力だと思うんですよね。そこが大気な魅力であると共に、自分が風俗を利用する理由でもあります。現実では出来ないからこそ、お金を払って風俗で楽しむ。それで十分なので、妄想をして、実際に楽しみたいって思ったら風俗に直行です(笑)

あの美女は今でも忘れない

あれだけの美女、忘れろと言われてもなかなか忘れられるものではないですよね。前回遊んだ風俗嬢何ですけど、とっても美人でした。彼女は風俗業界基準での美人じゃなく、世間一般基準における美人なんじゃないかなって思うんですよね。本当に物凄い美人だったのを今でも当たり前のように覚えています。とにかく凄い美人だなって。それで彼女との時間を是非とも楽しみたいって思って指名したんですよ。実物はというと、ホームページで見た以上に美人でした。久しぶりに風俗嬢を前にして緊張してしまいましたね(苦笑)もうそんな時期はとっくに終わっているって思っていたんですけど、彼女を前にした時、言いようのない緊張感に包まれました。もしかしたら気後れなのかもしれません。とにかく自分でも本当に驚いたんですよ。でも、それはそれでとっても楽しいなって思いました(笑)そのドキドキが、緊張感やスリルなど、安心している風俗嬢相手では感じないものになりましたし。